2021年12月27日

限られた予算で平屋は建てられないのか?

こんにちは!
SIMPLENOTE盛岡南スタジオです。

多くの方は「平屋は高い」と
思い込んでしまっているかと思いますが、
平屋は、本当に前評判通り
高くなってしまうのでしょうか?

_DSC5169.jpg

その答えは、
「イエス」でもあり「ノー」でもあります。
つまり、家をどう考えるかによって、
どちらにもなりうるということですねexclamation

では、高くなってしまう方は、
どのように家を考えてしまう方なのでしょうか?

︎坪数にこだわる人

平屋が高くなってしまう方は、
坪数にこだわってしまう人です。
「家はこれくらいなければいけない」とか、
「部屋の広さもこれくらいないといけない」とか、
なんせやたらとデカさにこだわる人です。

家は大きくなればなるほど、
それに連動して家の価格も高くなりますあせあせ(飛び散る汗)

︎家が高くなれば、色々と高くなる

そして、家の坪数にこだわれば、
建築費が高くなるだけにとどまらず、
そのほかの様々な費用も高くなってしまいますふらふら

ランニングコストとなる光熱費や固定資産税、
そして、塗り替えなどのメンテコスト、
さらには、将来リフォームする時のコストなどです。

ひらめき︎無駄を省きながら平屋を建てる!

では、前回お伝えさせていただいた土地では、
限られた予算の中で、
一体どのような家を提案したのでしょうか?

もちろん、これだけの広さなので、
当たり前のように平屋を提案させていただいたのですが、
まず道路面である西面に玄関と収納をまとめました。

玄関は明るい方がいいものの、
かといって厳しい西日を入れる必要はないし、
収納にいたっては、
そもそも日光を入れる必要なんてありませんからね。

結果、正面となる西面から窓をなくすことが出来、
スッキリした美しい外観になると同時に、
汚れの原因となる窓がなくなれば、
家の汚れも目立ちにくくなりますぴかぴか(新しい)
また、間取りが分からない
防犯に優れた住まいにもなります。

そして、たっぷりと直射日光が入り、
明るく開放的なスペースにしたいリビングは、
視線が気にならない場所に配置しつつ、
視線が気にならない窓をつくりました。

結果、たとえ曇りの日でも
自然光だけで日中過ごすことが出来る
明るいリビングが出来上がりましたるんるん

コスト面はどうでしょうか?
コストを抑えるためには
まずは、廊下をなくすことですexclamation
廊下がなければ家の中の温度差が生まれにくくなり、
快適な環境も維持しやすいですしね。

また、部屋の数や広さについても、
必要・不必要をよく考えるべきです。

そして、こういった工夫をした結果、
限られた予算でゆとりを持って暮らすことが出来る
平屋の住まいをつくることが出来たというわけです家

ということで、家づくりをする時は、
なにげなく受け入れてしまっている
思い込みを一旦捨てていただくと同時に、
本当に自分たちに必要なものが何かをよく考えながら
土地を選び、間取りをつくっていただければと思いますわーい(嬉しい顔)

SIMPLENOTEが気になったという方はこちらをクリック
posted by スタッフ at 10:57| Comment(0) | 日記

2021年12月04日

間取りは土地で決まるもの


こんにちは!SIMPLENOTE盛岡南スタジオです。

例えばですが、あなたが家を建てる土地が、
東が道路に接している55坪の土地で、
その南に2階建の家が建っており、
そのせいで、敷地の半分ぐらいまで
日陰になっているとしたらあせあせ(飛び散る汗)
どのようなお家を建てるべきでしょうか?

さらに、
西と北にも家が建っており
周囲を家に囲まれているとしたら、
そこにどのようなお家を建てるのが最も理想的なのでしょうか?
_DSC5117.jpg

この場合、一般的には、
日陰になっている所を避けて
家を建てようとします家

つまり、陰になっていない部分にだけ
家を建てようとするため、
必然的に2階建ての家になるというわけですね。

そして、1階の日光が入ってくる場所には、
リビングや和室をつくり、
日が当たらなくていい場所には、
お風呂や洗面やトイレといった
水回りを配置すると思います。

2階には、寝室や子供部屋といった
プライベートルームを配置し、
その南にはベランダをつくるのではないでしょうか。

さらに、道路面である東からも
朝の光がたくさん採り込めることから、
東にも大きな窓をつくり、たくさんの光が
採り込めるようにすると思います。


ですが、残念ながらこのポピュラーなお家は、
実際住んでみると、
様々なデメリットを痛感することになりますバッド(下向き矢印)

例えば、1階のリビングにつくった
大きな窓から見える景色は、
「すぐ南に立ったお家の裏側」です。

エアコンの室外機や給湯器、
換気扇によって汚れた外壁などを
眺めながら暮らすことになりますもうやだ〜(悲しい顔)

では、道路面につくった大きな窓はどうでしょうか?
これらの窓からは、光もたくさん入ってきますが、
同時に視線もたくさん入ってくるため、
カーテンを開けることが出来ません。
そして、光が遮られ家の中が薄暗くなってしまいます曇り

また、2階につくった子供部屋は、
小さな子供たちにとって、
使いやすいのでしょうか?

散らかしたおもちゃを
片付けることもままならない子供たちが、
さらにそれを自分の部屋に
持って行くとは考えにくいですよね?

つまり、リビングやダイニングに
荷物の全てが集中してしまい、
結果、片付けしにくい家となり、
同時に、掃除もしにくい家になってしまう、
というわけですねたらーっ(汗)


では、今後は
この土地にはどのような家を建てるべきなのか?
全く違う視点でお伝えしていきたいと思いますひらめき
この土地の可能性をより引き出す家づくりの考え方です!目

もっと詳しく聞いてみたいと思った方はこちらをクリック!!

posted by スタッフ at 17:50| Comment(0) | 日記